☆メンタルケア心理士☆

静岡OCDの会の掲示板でもご報告しましたが、先月受験しましたメンタルケア心理士認定試験に合格しました!

昨年の夏から講座を受講し始めて、心理学や精神疾患についてはもちろん、体の各臓器や神経伝達物質、薬のことなどを勉強しました。時々、「メンタルケアを勉強したいのになんでこんなこと
勉強しなきゃいけなんだ?」と思うことがありましたが、心と体は繋がっているとするならば、当然
関連するあらゆる勉強をすることが大切だと後になって分かってきました。
専門用語や医学用語など、初めて見る言葉がたくさん並んでいるとそれを理解するのが大変で、
嫌になることも多かったです。それでも今まで知らなかった新しいことを勉強できる喜びも大きく、
なんとかモチベーションを維持することができました。
そして頑張って勉強して1発で合格したのに「そんなの取ってどうするの?」とか「持っててもしょうがないじゃん。」とかいう、心ない言葉を浴びせてくる人がいます(笑) 悲しいことです(笑)

メンタルケア心理士は民間資格ですから、確かに持っているだけでは何もありません。
これをどのように生かしていくかは、これからいろいろな人と話しながら考えていきたいですね。

ただ一つだけ確かなのは、私自身がこれからのことを考えた時に心がワクワクしていることです。
これは他の方が何とおっしゃろうと、私の感情ですから否定しようのない事実です。
この気持ちを忘れないように引き続き勉強を続けていきたいと思います。

☆☆☆ スターウォーズ! ☆☆☆

先日久しぶりに映画館へ行き、『スターウォーズ 最後のジェダイ (エピソード8)』を見てきました♪
ネット上のレビューやクチコミサイトでは賛否両論いろいろあるようですが、実際に見てみると・・・
確かに賛否両論ありそうな感じでした(笑) まだ見ていない方は何のことか分かりませんよね(笑)
人によって期待していることや感じ方などが全然違いますので、まあ当然といえば当然ですね。

ネタバレは嫌ですので詳細は書きませんが、私としては確かに感じるものがありました。
やはりスターウォーズには他とは違う何か特別なものがあると思いました。

私がスターウォーズに初めて出会ったのは、約18年前の『エピソード1 ファントムメナス』
を映画館で見た時です。あの時の興奮と感動は今でも忘れません。
その後、レンタルビデオで旧三部作(エピソード4~6)を見て一気に大ファンになりました。

まず、壮大な宇宙空間での戦闘機バトルの迫力! それから、フォースの神秘的な力!
そして、何といってもライトセーバーがぶつかり合うジェダイとダークサイドの戦いは
心の深い部分が扱われてスターウォーズの中でしか感じられない独特な魅力があります。

本当は具体的に書きたいことが山ほどありますが、それを全部書こうとすると膨大な量になり、
いつまでも記事をアップできないことが良く分かりましたので、ここで一旦区切りたいと思います。
もし、スターウォーズファンの方がいらっしゃったら、今度ぜひたっぷりと語り合いましょう☆

このブログでも、また何かの機会にスターウォーズについて書くかも知れませんが、
よろしくお願いいたします。

☆☆☆ あけましておめでとうございます ☆☆☆

皆様、あけましておめでとうございます!
ブログをご覧になっていただきましてありがとうございます。
今年もマイペースで自由に書いていきますが、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様は年末年始をいかがお過ごしだったでしょうか?
私は・・・
年賀状を書き終えてから、部屋の片付け(大掃除というほどではありません)、年末の買い物
紅白を見る、初詣、箱根駅伝を見る、あとは寝正月(笑)
といった定番?の過ごし方でした。

そんな中で印象的だったのは、紅白歌合戦ですね。
最近はBSやCSなどの登場によりテレビのチャンネルが多様化されたことから
視聴率が2ケタ取れるかどうかが1つの基準になり、15%を超えればヒットと言われる
この時代に毎年40%近い視聴率が取れているのは凄いことだと思います。
妻と子どもが民放を見るというので大きなテレビは譲りましたが、
小さなテレビでも私は歌とともに1年を振り返る時間を大切にしたいと思います。

特に惹かれたのは今回初出場の『SHISHAMO(ししゃも)』ですね。
『明日も』はドコモのCMで流れていたそうですが、それを見ていなかった私は
紅白でその魅力を知ることになりました。
それを聴きながらこの記事を書いていますが、とても元気をもらえる応援歌のようです。

そんなわけで、『明日が変わるかは分からないけど、とりあえずまだ私は折れない』で
できることをやっていきたいと思います。
そして、『報われるかなんて分からないけど、とりあえずまだ僕は折れない』で
今年の新しい挑戦をしていきたいと思います。

皆様にとっても2018年が素晴らしい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

□ 年賀状について □

今年も年賀状なんとか書き終えました。ふぅ~
元日に届けるためには12月25日までに出しましょうと言われていますが、実際には27日くらい
でも元日にしっかり届いていますのでおそらく問題ないと思います。
(同じ配達地域ならもう少し遅くてもOKみたいです)

500円程度のソフトを買ってくれば宛名面も裏面もプリンターで印刷できますので昔よりは便利に
なりましたが、手書きで一言書くのもそれなりに手間がかかりますので忙しい年末に楽ではない
ですよね~
最近は年賀状の代わりに『あけおめメール』や『ライブ動画配信』などを活用する方も多いと思い
ますので年賀状の発行枚数が年々減っているのは時代の流れで、ある程度は仕方がないのかも
知れませんね~

ただ、年賀状にも大きなメリットがあると思います。
それは、書いている間に相手のことをしっかりと考えたり思い出したりできることです。
年賀状が無ければ他の用事に追われる中、ゆっくり誰かのことを考えるのは難しいと思います。

年始の挨拶に何を使うかは、人それぞれで良いと思います。
また特に何もしないことを選ぶなら、それでも良いと思います。
私の場合、しばらくの間は大変でも年賀状を出すことを選んでいきたいと思います。

♪☆♪ 音波を体で感じる ♪☆♪

昨日、静岡県立大学吹奏楽部 『Shizuoka Symphonic Winds』の定期演奏会に行きました♪
昨年と一昨年は他の用事と重なって行けませんでしたので3年ぶりでとてもワクワクしました☆

本格的なクラシックやポップステージなど内容が盛りだくさんで、大学生らしい明るさ、楽しさ、
パワーが感じられてたくさんの元気をもらいました☆
入場料が無料で演奏会後に「感謝の気持ち」を寄付するというスタイルも大道芸の投げ銭と同じで
静岡らしくて良いですね^^

ところで、演奏会やコンサート、ライブなどの会場へ足を運び、生の音を聴くのと家でCDを聴くのと
では大きな違いがあります。
もちろん大好きなアーティストやメンバーを間近で見れて一緒にその場に参加できるというだけで
ものすごい違いではありますが、音だけで考えても決定的な違いがあるのです。

それは、CDの音は人間が耳で聴くことのできる周波数の音域以外がカットされているのに対して
生の音は耳で聴くことのできない音(超音波)も含めて体全体で感じることができるのです。
素晴らしい演奏や歌を聴いた後、感動の度合いも全然違ってきます。
自然界には超音波がたくさんあり、ある研究では体にも心にも良いというデータがあるそうです。

だから、これからも私はできるだけ生の音を聴きに行きたいと思います。
もちろん、来年も 『Shizuoka Symphonic Winds』の演奏会に行くつもりで楽しみにしています☆
プロフィール

すいか

Author:すいか
すいかのブログへようこそ!

日常生活の中で思ったことや
感じたこと、気づいたことなど
を自由に書いていきたいと思います。

よろしければご覧になってください^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR