スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別じゃない!

皆様、お久しぶりです!4月に入ってから全然ブログ書けてませんでした。
長年続けている仕事において来月までに達成しなければならないノルマがありますので
ちょっと大変な時ではありますが、ここが踏ん張りどころかも知れませんね。
息抜きに乃木坂46の曲を聞きながら久しぶりに記事をアップします☆

人間はみんな一人一人特別で、価値があって、大切なかけがえのない存在だと言われて
いますよね。これについては私ももちろんその通りだと思います。
しかし、「特別」の意味を誤解して「他人と比べて自分は特別」だと思ってしまう人は・・・
かなりのナルシストかも知れませんね。 ・・・誰のことかって?
・・・ちょっと前の私のことです(笑)

どうしてそんな考えを持ってしまったのかと言えば・・・
「チック症をバカにされていじめられたこと」、「OCDの辛さを誰にも理解してもらえなかったこと」、
「身内からの過度な期待と要求」などから、自分が特別だと思い込まなければ生きていけなかった
のかも知れません。

しばらくして自分の間違いに気づいても、それを認めるまで時間がかかりました。
認めたくなかったんですね。自分が普通の人間であることを。
「こんなに酷い目に遭っているのに普通であってたまるものか」とか「自分ほど不幸な人は
滅多にいないだろう」という考えから「自己憐憫(自分のことをかわいそうな被害者だと思う)」
に陥ってしまいました。

また、「アニメやマンガのヒーローへの憧れ」が強すぎたため、それに自分を重ねすぎたことから
「歪んだ使命感(自分は他人とは違う何か特別な使命を持っているという思い)」が生み出されて
「自分のことを悲劇の主人公」のように考えていたのだと思います。

しかし、その「特別意識」があることで自由を失い自分で不幸を引き寄せてしまったことに気づき
ました。普通になることで自分自身のことも大切にできるし、他人のことも同じように大切に考える
ことができますので、自分に無いものを持っている人へのリスペクトの気持ちも生まれてきます。

私の仕事のノルマも達成できなければ収入が減りますので経済的には厳しくなりますが、
もしそうなったとしても私という人間の存在価値は何も変わりません。人間であることに
変わりはないですから。ツノやしっぽが生えているわけではないですから。どんな人でも
一人一人大切で価値のある存在なのですから。自分に出来ることをやるだけやったのなら
結果がどうであれ、必ず得られるものがあるはずですから。

本当は気軽にいろいろ書きたかったのですが、「無理して」コミカル路線にすることもありません
ので、しばらくの間はシリアス路線でいくことになりそうです。
よろしければ、また見てやってください。今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

『自分軸』と『他人軸』について ☆最終回☆

皆様、こんにちは。
年度末のこの時期をいかがお過ごしでしょうか?

これまで5回にわたって自分軸と他人軸について、またそれと深く関わっている自己肯定感に
ついていろいろ書いてきましたが、私自身も書きながら気づくことや整理されてきたことがたくさん
ありました。
それだけ奥が深く、今後もしっかりと勉強しながら理解を深めていきたい内容だと思いました。

まとめになりますが、自分軸と他人軸については自分軸が優位な状態でバランスをとっていくのが
良いと思います。そして、自己肯定感はとにかく高ければ高いほど良いと思います。
「自己肯定感が高すぎると傲慢になって反省しなくなるから良くない」と言う人がいますが、それは
自己肯定感について勘違いしていると思います。
自己肯定感というのは「無条件に自分の存在を肯定して、自分自身のことを大切で価値がある」
と思えることです。
強さも弱さも良い所もダメな所も全て、ありのままの自分を理解した上で認めているので、失敗や
間違いがあっても自分を責めずに、それをすぐに受け入れて改善しようと思えるのです。

自己肯定感の低い方や他人軸が強すぎる方が、いきなり大きく変わるのは難しいことだと思い
ますが、頂上を目指しながら一歩一歩踏み出していく登山のように成長していきたいですね。
私もまだまだ自己肯定感が低く、他人軸で考えてしまうことも多いですが、そんな自分を
否定しないこと、すぐに変わろうとしないことを心がけていきたいです。
すぐに変わろうとするのは、今のありのままの自分を受け入れていない時だと思います。
そんなことに何度も気づきながら、進んだり立ち止まったり、時には戻ったりを繰り返しながら
できることをやっていきたいと思います。

今回でこのシリーズは一旦終了となりますが、最後まで読んでくださいましてありがとうござい
ました。何だかんだ言って、これを書いている間はずっと気張っていたような気がします。
今後しばらくはブログを始めた頃のように、思ったことを気軽に書いていこうと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

『自分軸』と『他人軸』について ☆第5回☆

皆様、ご無沙汰しております。
最近は年度末の忙しさに加えて風邪と花粉症と喘息に苦しめられて書く気力がありませんでした。
もちろん無理をすればなんとか書くことはできたと思いますが、それでは『他人軸』になってしまい
ますからね。記事を楽しみにしてくださっている方には申しわけございませんが、自分のブログ
ですから、やはり『自分軸』で自分のペースでこれからも無理なく続けていきたいと思います☆

さて、今回は4つのカテゴリーの②『自分軸で他人のために』について書きます♪

第1回の時にほとんど答えを書いていましたが、この状態が最高のモチベーションを引き出して
くれます♪また、この状態をどれだけ増やしていけるかで心の豊かさが決まっていくと思います。

自分がやりたいことや、自分にできることで他のために貢献したいという想いを持った時、
心の奥底からまるで噴水のようにエネルギーが湧き上がってくるのを感じ、
仕事に対する自信や誇りが持てるようになり、ワクワク感を持ちながら活動することができます♪

また、奉仕においても自分の行動によって自分自身の心が満たされているので、たとえ他人から
感謝されなかったとしても良い評価を受けなかったとしても、不満に思うことはありません。

他人に与えても与えてもどんどんエネルギーが湧いてくるので、ポジティブな状態で活動を
続けられます☆いつでもこんな状態で過ごせたらいいですよね~^^

しかし、現実の社会生活の中では、やりたくない仕事を任されたり、身近な人から様々なことを
要求されたりするので、残念ながら全て自分軸で行動するわけにはいかないと思います。

だから、自分は今どの状態で行動しているのかを良く観察しながら、もし他人軸で行動することが
多い場合は、なるべく自分軸を増やしていこうと意識することが大切かと思います。

また、自己肯定感が高くなれば無意識のうちに他人軸をなるべく減らして自分軸をなるべく
増やせるような行動を取るようになると思います。

さて、記事を書くのが義務感に変わる前に今回はこのへんで失礼いたします。
次回はいよいよ最終回。お楽しみに~^^

『自分軸』と『他人軸』について ☆第4回☆

今回はワクワクしながら4つのカテゴリーの①『自分軸で自分のために』について書きます♪

これは4つの中で最もシンプルで最も分かりやすい喜びを感じられることかと思います。
考えただけで楽しく、ワクワクが伴うことも多いですね~♪
ちなみに私の場合は・・・
「カラオケ」、「ドライブ」、「温泉」、「500円ランチ」です(^∇^)
もちろんお金や時間と相談する必要がありますが、物を買うなどの物質的な欲望を満たすよりも
こういった精神的な欲望を満たす行動はなるべく増やしていきたいですね♪

他にも「自分がやりたいことを勉強する」、「自分で決めたダイエットを実践する」など
努力が必要なことでも、自発的で自分のためになることでしたらこのカテゴリーになりますね☆

簡単に言えば『自分がやりたいと思ったことを心の趣くままにやるだけ』です。

はい、以上で第4回を終わります。
それでは、また。


・・・すみません、ふざけ過ぎました(笑)

ただ、本当にそれだけシンプルで分かりやすいはずなのに、自己肯定感の低い方や
自分自身の感情が良く分からない方にとっては、意外に難しいことかも知れません。

「自分なんかがこんなに楽しいことしちゃいけないんじゃないか」という思いが湧いてきたり、
自分にとって良いように行動すると罪悪感を感じてしまうという生きづらさを感じている方も
自己肯定感を高めていくことで当たり前に喜びを感じられるようになると思います。

また、過去のあらゆる環境の中で感情を強く否定されてきた方や
自分と他人との間に健全な境界線を引くことが難しいという方は、
まずは自分自身から湧き上がるありのままの感情に目を向けながら、
本当の感情に気づくこと、そしてそれをしっかりと認めることが大切かと思います。

楽しさ、喜び、意欲、感謝、感動などのポジティブな感情だけでなく
悲しみ、苦しみ、不安、恐怖、怒りなどのネガティブな感情も湧き上がったことを否定したり
打ち消そうとしないでしっかりと向き合うことが必要かと思います。
そういう中で感情を治めて波を緩やかにしていくことができると思います。

それでは、今度は本当にこのへんで失礼いたします。
次回もお楽しみに~^^

『自分軸』と『他人軸』について ☆第3回☆

皆様、こんにちは。お元気ですか?
今回は、4つのカテゴリーの④『他人軸で他人のために』について書きたいと思います。

これは、他人からの様々な命令や要求に答えたり、本当は自分がやりたくないことを仕方なく
やることで自分を犠牲にしている状態だといえます。
前回お伝えした内容と同様に、社会や組織、家庭の中で生きていく上では、ある程度必要な
ことだと思います。しかし、このような状態が多すぎると、どんどんエネルギーを消費して
心身ともに疲れてしまうと思います。

具体的には、
「ブラック企業に勤めている社員が上司の無理な命令のために辛い仕事をやらされる」とか
「カルト宗教に入っている人が教団から理不尽な要求を受けて望まない行動を強要される」
といったところでしょうか。

分かりやすくするために極端な例を挙げましたが、いずれも自分軸を持つことが許されず
人権が尊重されていない非常に辛い状態だと思います。そこまで酷くはないとしても、
他人軸が強いとどうしても受け身で行動することが多くなると思います。
ある人が冗談で「仕事は、仕方なくやる事、だから仕事っていうんだよ」とか言ってましたが
他人軸で考えると確かに仕方なくやる事になるのかもしれませんね~

仕事は、「お客様を喜ばせたい」とか「良い物を作って皆様のお役に立ちたい」とか「誇りを
持って業務に励む」というような自発的な想いでするのが良い成果に繋がると思います。
また宗教は本来、感謝の気持ちや奉仕の喜びなどを育てて心を豊かにするもので、決して
理不尽なことを強要するものではないと思います。

これらについては、またの機会に個別に具体的に書いていきたいと思いますが、やはり改善していくためには、まずは他人軸が強すぎることに気づくこと、そしてそれを認めて自分軸を少しずつ増やしていきたいと思うことが大切かと思います。

次回は、いよいよ『自分軸』についてたくさん書きたいと思います。
考えただけでワクワクしてきます^^

それでは、また。
プロフィール

すいか

Author:すいか
すいかのブログへようこそ!

日常生活の中で思ったことや
感じたこと、気づいたことなど
を自由に書いていきたいと思います。

よろしければご覧になってください^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。